適年解決相談室【e労務どっとこむ】
Top Page 適年解決相談室 セミナーのご案内 発刊物のご案内 会社概要
お問い合わせ退職金・企業年金レポート
退職金・企業年金レポート
Vol.32 (2006/7/1配信)
退職金のトラブル事例!

←Vol.31退職金・企業年金レポートのTopVol.33→


1.会社の貸付金と退職金との相殺!!

社員が退職するときに、社員への貸付金を控除して、残額を退職金として支給したいと思っています。このような処理方法が、法律で許されるのでしょうか?

このような質問が来ました。このような場合は、社員からの申出であれば、労働基準法の違法ではありません。しかし、会社側が「退職金と相殺」というようなバイアスをかけた場合はどうでしょうか?このような場合は労働基準法違反です。会社側からの働きかけによる場合は、賃金との相殺は許されません。あくまでも社員からの自由意思による場合で、申出があったときに受け入れられるものです。しかし、自由意思によることの証明は難しいので、実務的には書面による取り交わしを行い、保存することが望ましいと考えられます。

2.退職金を他に譲渡することはOK?

退職が確定している社員が、金策のために金融業者に債権譲渡をしたようです。その業者から直接、退職金を支払って欲しいとの連絡がありました。どのように対応したら言いのでしょうか?

社員が退職金請求権を他に譲渡する旨の契約は有効です。しかし、会社が譲受人である金融業者に直接支払うことは労働基準法第24条に定める「直接払いの原則」に違反することになります。

社員が債権を譲渡することは有効ですが、会社が直接その業者に支払うこととは問題が違います。仮に、直接支払ってしまったら、10万円以下の罰金に処せられることになります。皆さんの会社は大丈夫ですか?

3.死亡退職金は誰に支払う?

社員が死亡したので、その妻に退職金を支給しようとしたところ、息子から異議が出ました。この様なときはどうしたらいいのでしょうか?

社員が死亡した場合、退職金を受ける権利のある人は、遺産相続人です。しかし、死亡退職金債権は、死亡という事実によって成り立つ事実なので、相続財産とはなりません。したがって、退職金規程の中に、死亡退職金の受給権者の順位が定められています。その第一順位が妻となっていれば、息子の主張を無視しても問題ないわけです。しかし、この規定で特に定めが無ければ、遺産相続人に支払うということになります。となると、この場合は息子の意見を無視するわけにはいかないでしょう。

4.内縁の妻への死亡退職金の支払は?

死亡した社員の退職金の支払で、その社員は妻と別居し、内縁の妻と長年生活していました、この場合ですが、死亡退職金はどちらに支払うべきでしょうか?

この問題は、法律を厳密に適用すれば妻への支払となります。しかし、実態として夫婦の状況で無い場合は、どのように判断するのでしょうか?似たような判例がありますが、生活の状況や実態に照らし合わせての判断がされています。一概には結論が出せませんが、慎重に対応することが求められます。

以上のように問題点はいろいろあります。退職金の支払については、社員との関係が終結するので、慎重にことを運ばなければいけません。


←Vol.31退職金・企業年金レポートのTopVol.33→
 
▲PageTop

トップページ適年解決相談室セミナーのご案内発刊物のご案内会社概要お問い合わせ退職金・企業年金レポート


■ 弊社運営サイト ■

労働問題のトラブル解決なら『労使トラブル解決マニュアル』 社会保険料の削減のことなら『社会保険料の削減.com』

東京港区の会計事務所『日本中央会計事務所』 節税のことなら『中小企業の節税を考える税理士の会』

労基署調査の対策なら『労働基準監督署 調査対策セミナーDVD』 税務調査の対策なら『税務調査の徹底対策セミナーDVD』

組織を自動化するなら『組織の自動化ノウハウセミナーDVD』 遺産分割で後悔しない『あんしん相続相談室』

第二種金融商品取引業の登録なら『第二種金融商品取引業ドットコム』 相続税の計算なら『相続税申告会』


適年解決相談室【e労務どっとこむ】http://www.eroumu.com/
日本中央社会保険労務士事務所/株式会社 日本中央会計事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL:03−3539−3047(代表) FAX:03−3539−3048
E-mail:utsumi@j-central.jp
内海正人のブログ