適年解決相談室【e労務どっとこむ】
Top Page 適年解決相談室 セミナーのご案内 発刊物のご案内 会社概要
お問い合わせ退職金・企業年金レポート
退職金・企業年金レポート
Vol.17 (2005/4/1配信)
これからの年金 401Kとは?

←Vol.16退職金・企業年金レポートのTopVol.18→


1.401Kが注目されるのは

確定拠出年金(以下「401K」という)は、運用によっては年金額が増えるということで注目されています。加入者数も100万人を突破しております。

しかし、加入すれば必ず年金額が増えるわけではありません。年金額が減るリスクもあるのです。

2.401Kの特色は?

401Kは一言でいうと「会社がお金を出して、個人が運用管理する年金」です。

会社が社員に毎月の拠出を行い、個人の運用次第で受け取る年金額が変わるというものです。今までの、もらえる額が確定している確定給付年金とは中身もしくみも大きく違います。その特色は以下のとおりです。

【1】掛金は会社が負担します
   そして限度額は次のようになっております。

企業型 企業年金制度 掛金拠出限度額
なし 46,000円/月
あり 23,000円/月

   掛金を個人で運用していきますが、その運用の結果は一人ひとりの
   口座で管理されます。いつでも資産残高を確認することができます。

【2】運用は加入者の自己責任です
   掛金をどのような金融商品で運用するのかは、加入者の自由です。
   運用の結果として、うまくいけば、年金受給額を増やせる可能性も
   あります。この期間中の運用益は非課税です。

【3】企業型と個人型があります
   401Kには、会社でその制度を導入する企業型と個人で任意に
   加入する個人型があります。
   企業型でも企業年金がある場合とない場合では拠出額が異なります。
   また、個人型には、サラリーマンの人で401K制度を導入して
   いない会社に勤める人と自営業者が加入するタイプがあり、
   それぞれ拠出額が異なります。

個人型の拠出額
(月額)
企業年金制度無 自営業者
18,000円 68,000円

【4】会社をやめても転職先に移行できます
   転職先の会社が制度を導入していれば前職での残高を移すことが
   できます。制度がない場合は個人型に加入することもできます。

【5】給付金の受け取り
   401Kは60歳以上(障害・死亡を除く)でないと給付の受け取りは
   できません。この点が退職一時金と違います。給付金は、老齢給付、
   障害給付、死亡一時金です。

【6】税制優遇措置が受けられる
   401Kの掛金は、給与所得ではないため、所得税の対象にはなりま
   せん。さらに、受け取り時にも年金なら年金控除、一時金なら退職
   所得控除が使えます。

3.401Kの注意点は?

401Kの導入に際しての注意点は[1]中途解約ができない。[2]運用は自己責任のため損することもある。[3]退職して専業主婦になった場合は個人型に加入できないケースもある。[4]受け取れる年金の額が確定しない。等以上の注意事項もあります。

この制度は「自己責任のもとで拠出金を運用しましょう」という加入者の「腕」が問われるものです。導入企業が増えておりますが、むやみに導入するものではありません。内容をよく吟味して自社に合致するかを考えましょう。


←Vol.16退職金・企業年金レポートのTopVol.18→
 
▲PageTop

トップページ適年解決相談室セミナーのご案内発刊物のご案内会社概要お問い合わせ退職金・企業年金レポート


■ 弊社運営サイト ■

労働問題のトラブル解決なら『労使トラブル解決マニュアル』 社会保険料の削減のことなら『社会保険料の削減.com』

東京港区の会計事務所『日本中央会計事務所』 節税のことなら『中小企業の節税を考える税理士の会』

労基署調査の対策なら『労働基準監督署 調査対策セミナーDVD』 税務調査の対策なら『税務調査の徹底対策セミナーDVD』

組織を自動化するなら『組織の自動化ノウハウセミナーDVD』 遺産分割で後悔しない『あんしん相続相談室』

第二種金融商品取引業の登録なら『第二種金融商品取引業ドットコム』 相続税の計算なら『相続税申告会』


適年解決相談室【e労務どっとこむ】http://www.eroumu.com/
日本中央社会保険労務士事務所/株式会社 日本中央会計事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL:03−3539−3047(代表) FAX:03−3539−3048
E-mail:utsumi@j-central.jp
内海正人のブログ